個人病院と総合病院

病院の待合室での、待ち時間が苦手です。
総合病院に行くと、待ち時間が果てしなく、何時間待ちも当たり前です。
一方、城東区の皮膚科・内科では、よほどのことがない限り、それほど待ち時間が長くなることはありません。
そして、総合病院の先生は、昔からの当たり障りのない診察が多いです。
平野区の病院は、先生も常に勉強しているのか、新しい情報を教えてくれます。
例えば、子供が水いぼにかかった際、伊丹の病院では「一度かかれば、再び再発することはない。みんなで移しあう病気の一つ。半年から1年で自然に治ります」と言われました。
しかし、別の症状で診察をお願いしたにも関わらず、総合病院では「今すぐ取りましょう」と言われました。
もちろん、その場で水いぼは取らなくても、自然に治りました。
これが、1度限りの事ではないので、私は個人の病院を選ぶことが多いです。
ただ、子供の医療費を考えると、一つの病院での上限金額になっています。
個人の病院では各病院ごとの上限金額となり、比較的医療費がかかり、総合病院の方では、各科を受診しても上限金額は一つになるので、安くなります。
数日前から風邪ぎみの息子の体調が昨日よりも悪くなっていたので、仕事を休んで看病していました。
熱が上がって、食欲も元気もあまりない状態でした。普段ならもう少し自宅で様子を見るのですが、その日は、台風が近づいていて明日まで様子を見ていて病状が悪化するとかかりつけ医には行けなくなる心配があったのでその日のうちに行って診てもらうことにしました。息子のかかりつけ医のいる病院は小さな個人経営の病院なのですが、施設も綺麗で看護師さんもお医者さんもみんな親切でこの辺りではとても人気があります。その為、診察する時は朝早くからWEB予約をしなければいけません。
その日は午後から息子の体調が心配になり、予約はとても無理だろうなと思いながら、一応、病院の窓口に行ってお願いしてみました。いつものように予約でいっぱいでしたが、台風の接近とかかりつけ医ということもあり、看護師さんが1番最後に診察できるようにしてくれました。幸い息子の体調も処方して頂いた薬の服用で翌日には熱も微熱になり食欲も少し出てきました。翌日は予想通り台風になり、昨日看護師さんが最後の方に予約を入れてくれなかったら、台風の中、救急病院に行くことになったかもしれません。子供の体調は短時間で変化することも少なくないので、普段から診てくれるかかりつけ医は必要だなと思いました。

お家の見直ししま専科|心の童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の選び方|女性向けエステ.com|内職 アルバイト|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|GetMoney|心の童話|お小遣いNET|初値予想|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ
|ショッピングカート